日日是好日~にちにちこれこうじつ

感じるままに、書きつづるブログ

猫島が福岡県にある!猫が大量毒殺された馬島の魅力とは?


2020年6月26日のニュースで「北九州市の離島・
馬島で毒餌を撒き、猫を毒殺した」という
痛ましいニュースが報じられました。

そんな、福岡県にある有数の猫島の中の馬島について
馬島はどんなところで、馬島の見所、アクセスなどを
紹介したいと思います。

馬島とは?

f:id:tommy22:20200628174310j:plain

馬島は、福岡県北九州市小倉北区にあり、
福岡県と山口県の間の海峡にあります。

馬島の名前の由来は諸説ありますが、有力説は
『金崎島と潮の満ち引きによって繋がった形が馬に似ている』で、
『馬の牧場があった』
『昔馬を乗せた船が遭難し、流れ着いた』などの由来があります。

また、馬島は全国各地に存在し、それらの由来と
混同している可能性もあります。

福岡県には有人島が8つあり、その中でも人口、面積
共に最小の島です。

大きさは福岡ドーム(0.17k㎡)の1.5倍ほどの大きさで、
島の周囲は約5.4kmなので、歩いて1時間ほどで
島を1周できます。

島民は、世帯数14世帯の人口32人(2019年3月現在)が
馬島に住んでいます。

また、猫島とも呼ばれるくらいに、
人以上に猫が住んでいます。

猫は人の1.5倍の約80匹が暮らしており、
いろんなところに5〜6匹の猫のかたまりを
目にすることができます。

馬島の見所

f:id:tommy22:20200628174359j:plain

馬島には、残念ながら観光地と呼べるものがありません。
なぜなら、最小の島ですし、人口が32人しかいません。

また、島民のほぼ全員が農業と漁業を
掛け持ちして働いています。
なので、商店、宿泊施設、飲食店もありません。

自動販売機もないくらいなので、
散策目的での訪問がおすすめです。

では、馬島の見所はないのか?と言われそうですが、
そうではありません。

観光客で賑わうようなスポットはありませんが、
島民が生活に寄り添って過ごしていたり、
人と猫のほのぼのとしたのどかな景観を楽しむことができます。

また、都会から訪れる人には時間が止まっているかのように、
ゆっくりと過ごせ、都会の喧騒から離れたい方はおすすめの島です。

そして、南の海から九州を見渡せば、
北九州市の工業地帯の幻想的な景色を眺めることができます。

そんな工業地帯と閑静な島のギャップを感じられる
というところが馬島の魅力でもあり見所でもあります。

海水浴としてはやってはいないですが、
小さなビーチになっている箇所もあるので、
プライベートビーチ感覚でも楽しめます。

また、海岸一帯には、溶岩が固まった痕跡や
溶岩が固まるときにできる水蒸気の抜ける気孔があったりと
普段目にすることができない景色を見ることができます。

そして、なんと言っても猫たちと戯れるのも良し、
猫を被写体に写真を撮るのも良し、
猫好きには堪らないところです。
みんな人懐っこく、撫で慣れていますが、
中には撫で慣れていない人見知りの猫たちもいてるので、
近づく際は細心の注意を払って近くようにしましょう。

いろんな猫の表情を見ることができます。

馬島へのアクセスと注意点

f:id:tommy22:20200628174422j:plain

馬島へのアクセスは、市営の渡船しかなく、
北九州市JR小倉駅北出口から徒歩5分のところに
小倉渡場があり、小倉渡場から藍島行きの
「こくら丸」に乗り、馬島で途中下船します。

運賃は片道420円で、所要時間は約20分ほどなので、
アクセスは比較的良好です。

渡船である「こくら丸」は、車は乗り入れできませんが、
定員165名なので、溢れて乗れないなんてことはありません。

1日計3便運航しており、小倉渡場から藍島までを往復しています。

注意点は、先述したように島内には商店、飲食店はないので
船に乗る前に買い溜めしておいてください。

そして、馬島で下船する人が少ないため、
乗下船が終わり次第藍島に出発してしまうので、
周りの島の景色に見惚れていると
次へ出発するので注意が必要です。

まとめ

馬島は観光地ではないので、
「ちょっと都会から離れたい」
「ちょっと時間が出来たからふらっと寄りたい」
という方にはおすすめです。

また、猫島と言われるほど猫が多く生息しているので、
猫好きな写真家には持ってこいの場所です。

そして、観光していても、
あくまで島民の方々の生活が中心ですので、
その辺は人として、常識のある範囲内で楽しんでください。

ということで
今回は、
福岡県にある猫島・馬島について紹介しました。

たっぷり自然に触れ合え、満喫できるので
子ども連れでも十分楽しめる場所ですので、
ぜひ、機会があれば行ってみてはいかがでしょうか。