日日是好日~にちにちこれこうじつ

感じるままに、書きつづるブログ

生ゴミの冷凍保存で臭いをシャットアウト!無印良品の○○が便利

生活していく上で必要なのが食事。

そして食事を用意するために料理をすれば、
どうしても出てきてしまうのが生ゴミです。

多くの人はゴミの処理を
自治体のゴミ回収に出していると思います。

毎週決まった日に回収してくれるのですが、
それまでの間自宅で保管しなければなりません。

寒い季節はさておいて暑い時期には傷むのが早く、
すぐに臭ってくるし、コバエが集まってきます。

生ごみを入れる箱に消臭剤や虫よけを付けたり、
多くの人がいろいろなことを試していますが、
その中で簡単で効果があると評価が高いのが「冷凍保存」です。

生ごみを冷凍保存することについて詳しく見ていきましょう。

生ゴミを冷凍保存する方法とメリット

f:id:tommy22:20200804222617j:plain

生ゴミを冷凍保存するメリットは、
なんといっても生ゴミが腐らない・腐りにくいことです。

冷凍食品が生鮮食品に比べて保存期間が長いように、
元は食べ物である生ゴミ
凍らせてしまえば長期保管ができます

一般に食べ物を凍らせる時には冷凍庫が必要になりますが、
これは多くの家にある冷蔵庫についている冷凍庫で十分です。

特に新しいものを用意する必要はありません。

ビニール袋などに入れて口を縛って入れれば完了です。

液体でも凍らせれば固まってしまうので問題ありません。

そして冷凍庫を使って凍らせることには、
もう一つメリットがあります。

冷凍庫は外から中が見えませんから、
台所の美観にも役立ちます。

生ゴミを冷凍保存する方法とデメリット

f:id:tommy22:20200804222644j:plain

メリットがあれば必ずあるのがデメリットです。

生ゴミを冷凍庫に入れて保管することにも
デメリットがあります。

まずは冷凍庫のスペースです。

冷凍食品やアイスクリームなど
冷凍庫を必要とするものはたくさんあります。

特に夏場は冷凍庫を大活躍ですよね。

そんな冷凍庫の一角を「生ゴミ」が占領してしまうのです。

ゴミと食べ物の量のバランスを考えないといけないのは面倒です。

デメリットはもう一つあります。

それは冷凍庫の中が外から見えないこと。

先に生ゴミが隠れることはメリットであると言いましたが、
その隠れることで起きるのが、
回収日に出すのを忘れる」ことです。

ネットで検索するとけっこうな人達が経験していました。

多くの自治体で「生ゴミ」が出せる日は週に二回あります。

ですが冷凍庫内のスペースを確保するため、
生ゴミはこまめに出したいですね。

捨て忘れ防止のため、
中にゴミが入っているときは扉に紙を貼ったり、
ゴミの日をカレンダーに大書きしたり、
みなさん工夫しています。

生ゴミの冷凍保管は容器の他にゴミ箱を併用しよう

生ゴミが冷凍庫で扱いづらい理由は、
生ゴミの形が定まらずに空いているスペースに
きれいに収まらないからです。

容器に入れることが解決な方法ですが、
ここで問題になるのが冷凍庫の形状や空きスペースの寸法です。

それぞれの家の状況で冷凍庫の混み具合は違ってきます。

100均でその都度購入してもよいのでしょうが、
それでは冷凍庫の中が雑然とした感じになってしまいます。
そんな時役立つのが無印良品です。

いろいろな形や大きさのものがありデザインも揃っています。

ふた付きの容器を使えば液体も入れられ、
積み上げることもできます。

そして便利なのがごみ箱です。

 なかにビニール袋を取り付けることができますので、
元食材兼生ゴミが容器に付かないようにすることができます。

大きすぎず小さすぎずサイズも手頃です。

ふたを付けることができますから、
冷凍庫の外で使うときにも便利です。

まとめ

暑い季節に大活躍する冷凍庫です。

食べ物を保管するのにも、
もとは食べ物の生りの果てある生ゴミの保管にも
冷凍庫が活躍します。

働き者で込み合う冷凍庫の中は
無印良品のいろいろな容器を使えば、
統一感のあるデザインですっきり納めることができます。

これで生ゴミの嫌な臭いや
コバエたちに悩むこともなくなるでしょう。

くれぐれもゴミの回収日に出すことをお忘れなく。