日日是好日~にちにちこれこうじつ

感じるままに、書きつづるブログ

火球を見ると幸運になれる?それとも、地震の予兆なのか! 

火球はたびたび日本で目撃されています。

過去には日本各地で目撃され、2020年に入っても
関東上空で目撃され、さらにはその火球が爆発する
という報道がありました。

また、世界でも、2010年にアメリカ中西部で
巨大な火球が目撃され、その火球は民家の屋根に落下、
2018年にグリーンランドでの火球の爆発がありました。

2020年には、ヨーロッパ・クロアチア
昼間に火球が出現し落下した目撃情報もあります。

今回は、その火球にスポットを当てて火球に
まつわる予兆について紹介したいと思います。

火球が現れる意味とは?

f:id:tommy22:20200703211317j:plain

「火球が現れると何かしらの前兆だ」
という言い伝えがあります。

また、この言い伝えは幸運と不幸の両方が存在します。

1つ目の予兆は、
見ると幸せになれる」という言い伝えです。

実際に
「宝くじが当選した」や
「プロポーズされた」、
「抽選に当選した」など
様々な幸運エピソードがありました。

2つ目の予兆は、火球が現れると
地震の前触れ」ということです。

実際に1944年の東南海地震の前には、
火球が目撃され、その後にM7.9の大地震が発生しました。

この「火球の出現」については
「1944年 東南海地震の前兆現象」の資料
目撃情報があったと記載されています。

過去の地震
阪神淡路大震災東日本大震災の前にも
「夜空が明るく光った」などの情報があり、
火球が現れると地震が起きるという言い伝えが
定着していきました。

なぜ、火球による言い伝えができたのか?

f:id:tommy22:20200703211336j:plain

そもそも、なぜこのような言い伝えが
生まれたのでしょうか?

調べてみると、やはり、
火球そのものが珍しい現象で、
そう簡単には、地球に隕石が落ちてきません。

また、落ちてきたとしても
大抵大気圏で燃え尽きてしまい、
地上に来るまでに灰になってしまいます。

そのようなことから、
「宝くじが当選した」や
「プロポーズされた」もそう簡単には起きませんし、
それらが、たまたま合致し、風の噂として人々に
広まっていったと言えるでしょう。

また、流れ星には

「流れ星が消えるまでに3回願い事を唱えれば、願いが叶う」

という日本古来からの言い伝えがあります。


その真意は

「いつも叶ってほしい願いを考えていたら、たまたまそこに流れ星が流れた」

ということだそうです。

それらのことも、相まって
「火球を見ると幸せが訪れる」
という言い伝えが生まれたのでしょう。

しかし、地震の前兆に「火球が現れる」というのは、
現段階では、火球と地震の因果関係は証明されていませんが、
地球の磁場などが何かしらの影響を与えているかもしれません。

火球とは?

f:id:tommy22:20200703211359j:plain

ここで少し、火球について紹介します。

火球とは、

-3等級ないしー4等級よりも明るい流星のこと

として定義されています。

また、「火玉」とも呼ばれ、
大気中で蒸発したものも、
隕石となって地上に落ちたものも、
定義されている明るさがあれば、火球と言われます。

現在日本では、火球を自動で観察できる
火球監視カメラ」を設置しています。

火球の中には、関東上空で爆発したように
轟音を立てながら飛び、最後には爆発することもあり、
また、隕石のまま地上に落下することもあります。

火球と流れ星の違いについては、
厳密な境界線はなく、明るければ火球と判断されます。

地球に飛んでくるものの多くは、
火星の外側にある小惑星の集団から飛んでくると
研究者による研究結果でわかっています。

アメリカ・アリゾナ州には、約1万5000年前に
落ちた隕石が作ったクレーターが今でも残っています。

まとめ

やはり人間は、珍しい現象と珍しい事象を
どうにかして結び付けたい傾向があるようですね。

しかし、火球と地震の関係は、
信頼性には欠ける部分がありますが、
用心するに越したことはないでしょう。

ということで今回は
火球にまつわる言い伝えについて紹介しました。