日日是好日~にちにちこれこうじつ

感じるままに、書きつづるブログ

コーヒーには色々な効果があるけど、朝イチで飲むのは体にいい?悪い?

コーヒーが生活に欠かせないという方も多いですよね。

街にはカフェがたくさんありますし、
おうち用のコーヒーメーカーも様々な種類が売っています。

また、朝は外を歩いていると、
出勤前のサラリーマンがコーヒーを飲んでいたり、
片手にコーヒーを持って会社へ向かうところを見かけます。

コーヒーにはたくさんの健康効果があるといわれていますが、
朝イチのコーヒーには、一体どのような効果があるのでしょうか。

朝イチのコーヒーはやめておこう

f:id:tommy22:20200807063405j:plain

結論として...
朝イチのコーヒーは体によくありません。

なぜなら、コーヒーにはたくさんのカフェインが含まれており、
朝早くに摂取すると、ホルモンに悪影響が出てしまうからです。

人間が朝起きるためには、
コルチゾールというホルモンが必要になります。

このホルモンは朝早くに分泌されますが、
そこでカフェインを摂ってしまうと、
コルチゾールの分泌が抑えられ、
眠気やだるさが出てきてしまうとのこと。

ここで生じただるさなどは、
一日中ずるずると引っ張ってしまうこともあるので、
朝イチのコーヒーは要注意です。

時間帯に気を付ければコーヒーは体にいい

f:id:tommy22:20200807063453j:plain

しかし、よくないのは「朝イチのコーヒー」で、
朝に飲むコーヒーがすべて悪いというわけではありません。

コルチゾールの分泌が減ってくる午前10時以降であれば、
むしろ体にいい効果があるのです!

カフェインのおかげで眠気がやわらぎ、
スッキリできるので、仕事や勉強に集中しやすくなりますし、
大腸の収縮が促進され、便通も良くなるとされています。

朝だけでなく、食事中にコーヒーを飲むのも効果的です。

コーヒーには血糖値の急激な上昇を抑制してくれる
クロロゲン酸という成分が入っているので、
肥満にも効果があります。

コーヒーは一部の食べ物にしか合わない気もしますが、
豆の煎り方によって風味が違うため、
それによって合う食べ物も変わってきます。

意外と和食にも合うので、ぜひお試しください。

また、先ほどご紹介したクロロゲン酸は、
肌の水分量をアップさせたり、
肌のシミ予防にも効果的といわれています。

特に女性は積極的に摂りたいですよね。

そして、クロロゲン酸にはリラックス効果もあります。

ちょっと休憩、というときのコーヒーは気休めでなく、
ちゃんと効果があるのですね。

コーヒーの飲み過ぎには注意

f:id:tommy22:20200807063427j:plain

コーヒーは体にいい飲み物ですが、
カフェインの多量摂取は危険なので、
飲み過ぎには注意です!

神経が刺激され、めまいや震え、下痢、吐き気など
様々な症状が起こることがあります。

加えて、中毒になる可能性もあるのです。

そのため、摂取量の目安として
健康的な成人の方では「1日3〜4杯」がよいとされています。

コーヒーはカフェインが多く含まれているので、
妊娠中の方や小さなお子さんは、
特に飲む量に気をつけてくださいね。

また、カフェインと合わない薬もあるので、
毎日薬を飲んでいる方はコーヒーを飲んでも大丈夫か、
必ずお医者さんに確認するようにしましょう。

カフェインを摂りたくないけどコーヒーが飲みたい!
という方には、カフェインを9割以上取り除いた、
デカフェコーヒーがおすすめです。

デカフェコーヒーなら、クロロゲン酸は残っているため、
健康効果はちゃんと期待できます!

まとめ

コーヒーは仕事や勉強などのオンの場面はもちろん、
休憩時間にもいいお供になってくれます。

肥満や美肌効果もあるということで、
メリットづくめの飲み物ですよね。

産地や煎り方によって、
味わいのバリエーションも多様なので
毎日飽きずに楽しむことができると思います。

ブラックコーヒーが苦手な方は、
砂糖やミルクを入れてみると
味がかなり変わるので、
一度チャレンジしてみるのがおすすめですよ。

コーヒーはとても身近で、
コンビニやスーパーでも多くの種類が売っているので、
気軽におうちで飲むことができます。

時間帯と量に気を付けて、コーヒーを楽しみましょう。